なんだよ!俺の前だけなのかい!?

落ち込んでもつらくても

 夜空を見上げて泣いた日も

 ひとりで頑張っていたときには

 落ち込んだ様子を かもし出すこともしなかった。

 だって 子ども達を

 心配させたくはなかったから。

 私はずっと 強い母、強い大黒柱、強い女で 

 なければ生きていられなかった。 

 悲しみやつらさを 

 リアルに感じてしまったら 

 崩れ落ちて もう立てないような 

 気がしていたから。

 ―――――――――

 今日はなんか落ち込んだ日で 

 夕方夫と出かけた帰り 

 夫の前では無口になっていた。 

 そのまま二人で家に帰って 

 玄関にはいったとたん 

 私は元気になった。

 正確には元気な振りをした。

 無意識に。

 子ども達を心配させないための 

 くせ、だ。

 それをみていた夫はすかさず言った。

 なんだよ!元気なのかよ! 落ち込んでいたのは 俺の前だけなのかい!?

 私ははっとした。

 ほんとにそうだったから。

 夫の前だけなのだから。 

 素のままに落ち込んだら

 落ち込んだように。 

 苦しいときは苦しいままに。 

 泣きたいときは泣きたいままに。 

 それが なんと私にとっては貴重なことで 

 ありがたいことだったのか

 それを言われてあらためて分かった瞬間だった。

 ふざけながらだけど 

 あなたの前だけだよ~♪ やっと人間らしく 

 落ち込むときは落ち込んで 

 つらいときにはつらいって 

 感じることができたんだよ。

 ありがとね~♪ と軽く言い返すことができた。 

 本当はもっと 

 感謝を伝えたかったのだけど。 

 いつかゆっくりちゃんとありがとう、を

 言おうと思う。

 二人っていいな。 

 ひとりにはもうならない、

て 繰り返し自分に言いきかせないと 

 ひとりのほうが慣れていて 

 戻りたくなる自分を感じるから。

 もう一度。 

 二人っていいな。


 HAPPY RELATION's LUNA

 幸せな恋愛、結婚、再婚、離婚 

 愛にあふれた人間関係へと導く 

 コーチング、カウンセリング 

 セミナースケジュール等はこちらからどうぞ。

LUNA Relations

今よりも、少しでも幸せになりたい。 恋愛、結婚、家族、親子、職場、 様々な人間関係をアシスト! カウンセリングルーム&セミナー LUNA Relations

0コメント

  • 1000 / 1000